卸売業者と飲食店・量販店・宿泊施設などを結ぶ仲卸業務。きめ細かなサービスでお客様をサポートします。

仲卸業務とは?

 仲卸とは卸売業者から「セリ」または「相対」によって仕入れた大量の品物を市場内の自社店舗などで分荷したり細かい単位に分けて、宿泊施設・量販店・飲食店等に販売する形の中間業者のことを指します。

仲卸業務とは?

 ただし、これはあくまで原形であり弊社が小売店舗を持っているように、仲卸業者が小売を兼ねたり、また卸売業者の小会社が小売に進出したり、あるいは生産者が直接量販店や外食事業者様と取引をするという形で流通環境はそれぞれのステージで大きく変化しています。
仲卸業務 仲卸業務 仲卸業務

堀川鮮魚の4つの機能・大切にしているサービス

 私たち堀川鮮魚は、仲卸業者として、卸売業者にはできない機能を担い、お客様へ様々なサービスを提供しています。それらのサービスには、「品質評価力」「小分け・加工機能」「機動力」「提案力」と大きく4つの機能に分けられます。いずれもお客様の商売をしっかりサポートするためには、欠かすことのできない大切なサービスと考えています。そして私たちは、常にお客様への「ありがとうございます」の感謝の気持ちを込めて、これらのサービスを行っています。
品質評価力

大量の商品の中から選りすぐる『品質評価力』

 旬の魚を理解した上で、魚の品質(鮮度・規格)を見極め需要・供給のバランスを勘案して仕入れを行います。良いも悪いも同じでは仕入れは出来ません。

小分け・加工機能

商品を小分けし、配送する『小分け・加工機能』

 卸売業者から仕入れた魚は、箱単位で流通する場合もあればロットを細かくして流通する場合もあります。またお客様の調理の段取りに応じ、解凍・3枚卸などの加工作業を施してからの納品も行っています。

機動力

物流拠点と圧倒的な『機動力』

 鮮度を維持する為に必要とされる適正な温度を保ってお客様のもとへお届けすること、これが何より大事です。しかも、ただお届けするのではなく、我々の持っていくものは鮮度が命の魚介類です。

--- 例えば、貝類です。活アワビの注文をいただいたりした場合、ビニール袋に入れて無造作に氷をかけたりはしません。海水を入れ、酸素を注入してしっかり口を止めます。あるいは海水に浸した新聞紙で貝全体をくるんで袋に入れます。氷は直接あてません。こうした手を抜かない作業が物流機能・機動力を支えています。

提案力

最新情報の提供と、知識・経験に基づいた『提案力』

 魚の“プロ集団”が市場に来てくださったお客様や、来れないお客様のもとへ直接お伺いし、旬な魚や調理方法などのご提案をさせていただきます。また毎朝、最新の鮮魚入荷情報をFAXやホームページ上で発信。その日のオススメ商品もピックアップしているので必見です!
>> 最新情報こちら!

▲ページの先頭へ